読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

46枚目から。

舞台と音楽のある暮し。

錦戸担の私が錦戸亮のいないNEWSを好きになった理由。

140字にまとめきれないことをここに書こうと思って始めたブログですが、就職が決まってからなかなか忙しくて140字以上の物を書く時間がなかったので、気づいたら1ヶ月も更新していませんでした。

ご存知の方も多いかと思いますが、

NEWS担デビューしました。

加藤シゲアキが相当ツボに入っています。

シゲアキ担デビューしたきっかけとかはとりあえず今までのツイートとか見てくださってる方はいやもういいよ....ってなると思うので割愛。

ここ1週間、様々なNEWSを大量に摂取しました。

突然ではありますが、ここで私がジャニヲタじゃなかった頃のお話をさせてください。

ジャニヲタじゃなかったころの私が今でも覚えているワイドショーでの話題。

錦戸亮がNEWSをやめるらしい。

昔から錦戸亮に対しては少しだけアンテナが高かった私なので、その話題はジャニヲタじゃなかった私にも衝撃を与えたものでした。

ジャニヲタじゃなかったと言っても、小学校の頃は野ブタ旋風がありましたんで、ジャニヲタの友達もいたし、ジャニーズの曲もそこそこ知っていたし、踊れる曲もありました。

でも、そんな華やかな世界が眩しすぎて、ジャニーズはよくないとか、ジャニーズは嫌いだとかいう時期が中学から高校まで何年もありました。

NEWSというグループは、山下智久を筆頭に、錦戸亮手越祐也、私には眩しすぎた「ジャニーズアイドル」像が際立っていた、でもそれでも自分にとっては小学生時代の思い出とともに懐かしさもあるものでした。

キラキラした近寄りがたいアイドル像をNEWSに見出していた当時の私は、NEWSを辞め、関ジャニ∞に残りたいと言った錦戸亮の気持ちが理解できなかった反面、どこか「錦戸くんは関ジャニ∞を選んだんだ。良かった」なんてことを、蚊帳の外から感じていました。関ジャニ∞はその親しみやすさから、他のジャニーズアイドルとは違う、当時から私にそう思わせていた存在でした。

エイターになってようやっと3年が経ちます。錦戸亮さんは今でも私の心をグッと掴んで離しません。

でも。

NEWSが好きになったのは、

「錦戸くんが昔いたから」という理由では100%ないということがわかりました。

細かいことは省略しますが、
6人だったころのNEWSと、
4人である今のNEWSと、

私にとってNEWSとしてどちらが魅力的に写っているかといえば、圧倒的に後者です。

6人だったころのNEWSの映像を見ている自分はどんな気持ちかというと、関ジャニ∞で1番好きな錦戸亮の歴史を振り返っている気持ちで、決してNEWSが好きな自分とは呼べないと感じています。

今は、昔はとかいうことは、いろいろ思うことがある人もたくさんいると思うので、どっちがいい・悪いなんて言うつもりは全くありませんが、

ただ、私にとっては

4人であるNEWSを
好きになるべくして好きになった
そういうタイミングだった

と思っています。

現在のNEWSと錦戸亮さんの付かず離れずな距離感がとても魅力的だと思っています。少クラで共演したのを見たときからそれは思っていることで。もう絶対に戻ることはないけれど、いろいろあったことも今では笑って話せるよね、なんてそんな感じが垣間見えて。加藤シゲアキさんのチカラウタ然り。

そして、4人であるNEWSの何が魅力的なのか。

奏でる音楽が、センセーショナルというか、色鮮やかというか。

6人のときに、たぶん、いや、絶対、
チャンカパーナなんて歌えなかったと思うんですよ。

6人のNEWSの曲って良くも悪くも、「典型的なアイドルソング」(個人の感想です)

それに比べて、チャンカパーナ以降のNEWSは、一皮むけたような、型にハマらないような個性的な曲が多いですよね。
もしかしたら言い方悪いかもしれませんが、「必死」だと思ったんです。9人いたメンバーが、6人を経て、ついに4人になってしまった。部外者の私がいうのもおこがましいんですが、ほんとうに、ほんとうにいろいろあったんだと思います。そんな中で、自分たちが光るために、自分たちを燃やしてるように見えました。
それが自分には閃光のように映ったわけです。

この記事は、
NEWSで1番好きなのは、加藤シゲアキであると言えるようになるための自分の覚え書きであり、
関ジャニ∞錦戸亮の選択を改めて全肯定する意思表示です。

だから、誰かに向けているというよりは自分が頭の中を整理するために書きました。笑
こんなよくわかんない文章をわざわざここまで読んでいただいてほんとうにありがとうございました。