読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

46枚目から。

舞台と音楽のある暮し。

美しい入り江

今日はもう眠くなって来たので手短に。

OKAMOTO'Sが、Google翻訳とコラボして発表した"Lagoon"という曲のミュージックビデオがカッコいいです。

Google翻訳スマートフォン搭載のカメラを利用し、カメラに写した文字列を別言語に変換するアプリで、最近Twitterでなんかのアニメみたいでカッコいいって話題になってますよね(何のアニメかわからないってのが私の詰めの甘さ)

Lagoonは元々ミュージックビデオのない曲だったみたいなので、今回新たに作られたのがこのGoogle翻訳コラボというやつらしいんですが、画面の下にスマートフォンが置かれて、元の映像と文字列翻訳後の映像がシンクしてるっていう面白いビデオです。街の中のシャッターに書かれた文字列、レコードのタイトル、スケッチブックの文字、ラーメン屋のメニュー表など、街中にごくごく普通にある文字列がパッと違和感なく別言語に切り替わる様がすごく面白いです。(演出として精度が上がっているだけかもしれませんがそこは目をつぶりましょうw)

なんとなくなんですが、スマートフォンをかざしたらすでに変わってるんじゃなくて、一回文字列がそのまま写ってからパッと翻訳されるところが好きですね。「変わった!!」って感動があるからなんでしょうか。

あと個人的にひとつ気になっているのは、

最後「DETECTIVE」って書かれた眼鏡をかけている人が、画面の中のスマートフォンを見つけて押収するってシーンで終わるんですよ。

ラーメン屋にいるシーンでも、文字列の入った眼鏡をかけている人が何人か登場するんです。その人たちはカメラに写って翻訳されます。だけど最後のDETECTIVEさんだけは、眼鏡がギリギリ写らないように近寄って来てスマートフォンを押収していくんです。

なんか意味があるのかな。DETECTIVEだからバレちゃいけないとかそういう意味かな(笑)

気になった方はぜひご覧ください

https://youtu.be/xKh4X0vQTJs